ニュース
» 2016年08月19日 19時18分 UPDATE

ゴジラ退治は「探偵!ナイトスクープ」に依頼 ハッシュタグ「関西ゴジラにありそうな展開」が盛り上がる

もしも「シン・ゴジラ」の舞台が関西だったら、という大喜利がTwitterで流行。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 大ヒット上映中の映画「シン・ゴジラ」――ゴジラが上陸するのは東京都、神奈川県と、作品の舞台は関東地域になっています。そこでもしゴジラの上陸先が関西で、立ち向かうのも逃げ惑うのも関西人だったら、というネタを投じるハッシュタグ「#関西ゴジラにありそうな展開」が、8月19日からTwitterで盛り上がっています。

テロップ用意しました

 ネタでは作中の「ヤシオリ作戦」を「いてまえ作戦」と名づけたり、ゴジラの様子を「口からシャーッて出しよってギャーン!いってギューン!でバーン!ですわー」と勢いで説明したりと関西人のノリが全開。ゴジラについて「不思議な生き物がいる」と関西ローカル番組「探偵!ナイトスクープ」に調査を依頼するなど、映画のシリアスな空気を完全に吹き飛ばしています。

関西あるある

 「梅田駅前にゴジラが!」と言っても何線の梅田駅なのか分からなかったりと、関西の鉄道あるあるネタも満載。またゴジラが「おじゃましまんにゃわ〜」と芸人・井上竜夫さんのギャグで登場してビル群がずっこけるように倒壊するなど、吉本新喜劇のネタも多く「シン・ゴジラ」ならぬ“シン・キゲキ”といったところでした。パロディ映画としての関西版「シン・ゴジラ」も見たい……!

関西の鉄道あるある

吉本興業あるある

関西ゴジラだと、こんな感じのテロップが登場するのでしょうか……

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー