ニュース
» 2016年08月23日 09時00分 UPDATE

216メートルのバンジージャンプに挑戦した男性、成功するもiPhoneを谷底に落としテンションもドン底に

歓喜から失望までの落差が果てしない。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 南アフリカ共和国にあるブルークランズ橋は、世界屈指のバンジージャンプ場。ここで216メートルものダイブに挑戦し、ある悲劇に見舞われた男性が注目を集めています。命にかかわるものではないとはいえ、かなり悲惨。



 悲劇の主は、アイルランド人のMairtin Farragherさん。右手に持ったカメラで自身を撮影しつつ、恐怖へのチャレンジを見事にやり遂げます。


準備トライ 緊張の面持ちで谷底を臨む挑戦者

成功 見事に成功し、歓喜の雄叫び

 Mairtinさんが歓喜の雄叫びを上げる一方で、ズボンのポケットには異変が。入れていたiPhoneがスルスルとこぼれ、谷底へ落ちてしまいます。なんてこったい!


iPhone1 喜ぶ持ち主をよそに、ポケットから顔を出すiPhone

iPhone2 あっ

 違和感を覚えてポケットをまさぐると、ようやく事態を把握。「俺のiPhoneんんん!」と叫び、失意の底へ落とされてしまいます。かわいそうに……。


把握 「ん?」とポケットを探るも、iPhoneは既に谷底へ

絶望 絶望

 落としたiPhoneは、実は以前イタリアにて紛失し、警察にかけあって取り戻したもの。今回ばかりは、取り戻すのは難しいでしょう。Mairtinさんは「バンジージャンプの際にポケットへ携帯電話を入れるのはやめよう」と、説得力がありすぎる教訓のコメントを残しています。


(沓澤真二)


関連キーワード

iPhone | 挑戦 | 動画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー