ニュース
» 2016年08月25日 09時00分 UPDATE

あのキャラに花束を:君の恋をコンティニューだ! 「ハイスコアガール」日高小春を全力で応援させてもらおう

恋する少女よ、アケコンのレバーを持て。

[たまごまご,ねとらぼ]

ハイスコアガール いろいろあったけどついにでました6巻!

 「ハイスコアガール」連載と出版完全復活、本当にめでたいことです(ビッグガンガン7月25日発売号から再開しています)。「ハイスコアガールCONTINUE」は大幅に描き変えられているので、元の本を持っている人は大事にとっておきましょう。

 ゲームが好きで好きで仕方ない少年ハルオ、天才的なゲームの腕前を持つお嬢様・大野晶、ハルオにずっと片思いしている日高小春の3人の恋模様が、ゲームを通じて描かれます。いうなれば、ドラクエ5のビアンカとフローラ。

 てかね。もう大野さんルートなの分かってるんです。家の事情で苦しみ続けている大野さん、自由がゲームにしかない大野さんには幸せになってもらいたい。もらいたいですよ。

 でもぼくは、恋に向かって一途極まりない日高小春が、あて馬だとは思いたくない。あんなに頑張りやな彼女が幸せにならないとかありえないでしょう?



ゲームなんて興味なかった

 金髪で、真面目で、本人いわく影が薄いらしい(2巻126ページ)。友達とつるむのはそこまで好きではない様子。ハルオのお母さんが言うには「こ〜んな可愛い子」だそうな。

 押切蓮介作品の中では比較的珍しい、一般的な少女です。アクの強い性格ではないし、びっくりするスキルも持ってない。美人だけど「超美人」ではないっぽい。家庭はのんびりした酒屋。確かに大野さんレベルが登場する作品の中では、影薄いかも。金髪だけど。

 だからこそ、彼女の存在は際立ちます。恋をする少女として。


ハイスコアガール 恋が、はじまる(2巻26ページ)

 彼女が彼に引かれた理由は、このページを見るだけで分かると思います。何かに夢中で打ち込める、決してブレないハルオ。彼と一緒にいると、不思議と落ち着ける。

 自分で「影が薄い」と自分で言っちゃうことから分かるように、打ち込むものなく淡々と過ごしてしまったのが、彼女のコンプレックスでした。「私ホントに遊びの才能が無いな……(2巻12ページ)」とも言っています。ゲームに全力全身全霊でのめり込んで楽しめるハルオが、とてもキラキラして見えた。



大嫌い!

 ハルオはびっくりするほど小春に目を向けない。いや嫌いじゃないんですよ。むしろ大好きでしょう。……ゲーム仲間として。つらい。

 しかも小春がプレゼントした手袋を、「サムスピ」の超連打のためにボロボロにした時、さすがにキレました。当たり前だ。


ハイスコアガール 一度嫌いになる、というフラグ回収済み(2巻69ページ)

 でも君は、彼が何もかもをゲームにささげられるくらいだからこそ、好きになっちゃったんだよね。

 小春は非常にモノローグの多い子です。ハルオに対しての自分の心や関係、大野さんに対する苦しい嫉妬、自分を励ます決意の言葉。表現手法はとても少女漫画のヒロイン的です。

 一方大野さんは、一切しゃべりません。回想シーンですら一言も言わない。主にハルオなど周囲の人間から見た行動で、思いを見ていくしかありません。この表現非常に少年漫画のヒロイン的

 またハルオに対して「押し」の行動に出る小春と、ハルオが惹(ひ)かれて「救いたい」と感じる大野。真逆です。これは、小春が一番痛感している問題。だからと言って大野みたいに「引いた」ところで、ハルオは追っかけてきてくれないんだよ。つらい。



勝ち続ければあの人は

 小春は、天性のカンで格ゲーでそこそこ勝ててしまう、という才能がありました。負けず嫌いのハルオも認める素質です。そうしてゲームの友人として、彼の家に遊びに行ったり、ゲーセンで対戦したり。ハルオは普通のことに思っているかもしれない。小春も普通を装っている。

 でもね、これは小春が血のにじむような努力の末に勝ち取った場所。天性のカンだけじゃ一緒にいられない、頑張ってゲームをすれば見てくれるんじゃないか、という祈り。自分が眼中にないのなら、見えるところに立つしかない。


ハイスコアガール 彼を振り向かせる方法は、これしかない。だから負けられない(4巻48ページ)

 小春は絶対に、嫉妬を大野さんに攻撃として向けない。心が荒れはするけど、大野さんがにくいとかジャマとか考えない。ハルオにも向けない。全部自分を磨く方向に向けている。自分が未熟だから頑張らなければ、というストイックさは、なかなか高校生にはできない。



あなたのことが好き。大好き


ハイスコアガール 恋愛なんて考えたことのなかったハルオが、初めて直面する恋の痛み(4巻152ページ)

 小春がハルオに告白し、ゲームで勝ったら付き合って、と強引なまでにハルオに詰め寄ったシーン。ファンは動揺しました。「小春、ここで脱落するのか!?」と。

 失礼な、そんなわけないだろ、ここまで頑張ってきた子が何も報われずフェードアウトしていいと思ってるのか! と連載時のぼくはかみ付いたものです。でも結果として「小春が負ける」っていうのは、みんな分かっていたと思います。


ハイスコアガール 鍛え上げた技術の全てと、ゲージの全てを注ぎ込んだ、絶対勝つという意思あふれる即死コンボ(6巻43ページ)

 ハルオを打ち負かして、本当に満足なのかと。分かってる、でも止められないんですよ、振り向かせる方法が他にないんだもの。こじ開けるしか無い。

 「一緒にゲームしたり」「デートしたり」「手を繋いだり」

 ハルオが大野さんに惹かれているのは、彼女がただただ純粋に面白いゲームを求めているからです。小春は「恋>夢中になれること」からまだ抜け出せていない。ここで勝っても、「恋人」の肩書になっても、ハルオの心は向いてくれない。



大好きだと思えるもの


ハイスコアガール ハルオが好きだってわかった。そして自分が心から、大好きだと思えるものにも出会った(6巻62ページ)

 彼女はハルオとの試合で、本当の意味で夢中になれるものを見つけました。掛け値なしに、楽しい、絶対勝ちたい、頑張りたい、というもの。

 ハルオは幼い頃から悩んでいる時に、ガイルが励ましに来てくれました。大野は悩みがあるときにザンギエフがあらわれ、心を落ち着けるようアドバイスしてくれました。

 「ヴァンパイアハンター」のフォボス。何も言わない、朴訥で真っすぐでやさしいロボット。2人と同じように、心から真剣にゲームになれたからこそ、現れたんでしょう。

 この作品においては、「夢中になる」というのは、自分を持つ、自我が生まれる、と同義です。小春はフォボスがあらわれたことで、恋ばかりだった状態から少し解放されて、自分自身を楽しむことに目覚めました。6巻以降のプレイも、「ゲームを楽しむ」ようになっています。やっぱり、何かを全力で楽しめる人間は、魅力的だよ。



君はハイスコアガール

 4巻の番外編、高校入学前の春休み、小春が1人ゲーセンでハイスコアを狙うシーン。彼女は「楽しい」と感じていました。

 格ゲーの勝ち負けは、すっごく楽しい。けれどハイスコアは、ものすごくストイック。たった1人の闘いです(ハイスコア上位狙い争いは一応あるけど)。ゲームが楽しいと心の底から感じていなければ、挑もうとするものではない。

 この作品のタイトルは「ハイスコアガール」。つまり「ゲームが大好きで楽しんでいる女の子」。この物語は「何かに対する愛情を見つける素敵さ」を高らかにうたう作品。小春は6巻まできてやっと、そのスタートラインに立ちました。

 ゲームを心から、掛け値なしに愛するようになった小春なら、ワンチャンある気が……しないけど……。

 いや、少なくともハルオが惹かれる瞬間くらいあってもいいんじゃないかな!? 例えば小春がいない時に、気にかかるようになるとか、そのくらいはさあ。ウルトラCがあるかもしれないでしょう? 連載再開してからも、小春は全く諦めていません。終わらん、まだ終わりませんよ。


(c)Rensuke Oshikiri/SQUARE ENIX

「ストリートファイターZERO」
(c)CAPCOM U.S.A., INC. 1995 ALL RIGHTS RESERVED.

「ヴァンパイアハンター」
(c)CAPCOM CO., LTD. 1995 ALL RIGHTS RESERVED.



たまごまご


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー