ニュース
» 2016年08月25日 11時14分 UPDATE

勢力強め さまよう台風10号

Uターンをするように進路を東寄りに変えて、北上してくる見込み。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


 非常に強い勢力となった台風10号は25日6時現在、南大東島の南を南西へ進んでいます。このあとUターンをするように進路を東寄りに変えて、北上してくる見込みです。今後の台風の動きにご注意下さい。

勢力増す台風10号

 台風10号は19日(金)に伊豆諸島八丈島の東で発生しました。発生当時の中心付近の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル/秒でした。次第に勢力を強めて、24日(水)には強い台風になりました。その後も海面水温の高い海域を時間をかけて南下。台風のエネルギーとなる水蒸気をたっぷりと供給して、今日25日3時、台風10号は「非常に強い」台風になりました。

 25日6時現在、非常に強い勢力となった台風10号は、南大東島の南を1時間に10キロの速さで南西へ進んでいます。中心付近の気圧は945ヘクトパスカル(北緯30度以北で発生した台風の中で、ここまで気圧が下がるのはめったにありません)。中心付近の最大風速は45メートル/秒です。発生当時より、だんだん勢力を増してきています。

動き出す台風10号

 台風10号が発生した周辺の海域では進路は通常、上空で吹く西寄りの風と高気圧のへりを吹く風によって、東寄りに進むことが多いですが、台風10号はめずらしく西よりに進んでいます。これまではゆっくりと進んだり、停滞したりと、さまようような行動をしていましたが、そろそろ大きく動き出すタイミングになりそうです。

 あす26日(金)には次第に進路を東寄りに変えて、日本の南を北上してくるでしょう。まだ予報円が大きく、進路ははっきりしていませんが、このままほぼ予想通りに進んできますと、本州に近づいてくる見込みです(関東から九州が予報円の中に入っています)。進路によっては台風9号がもたらしたような広い範囲で大雨になるおそれがあります。今後の台風の動きには十分ご注意下さい。

関連リンク

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー