ニュース
» 2016年08月26日 16時57分 UPDATE

プロ棋士考案の「9マス将棋」発売 3×3の盤面で初手から白熱した展開が楽しめそう!

駒の初期配置は、初心者から上級者向けまで40種類。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 幻冬舎が、3×3の小型の盤面でプレイする「9マス将棋」を発売しました(関連記事)。価格は1600円(税別)です。


画像 序盤からクライマックス

 「9マス将棋」は初心者に将棋の魅力を伝えることを目的に、青野照市九段が考案したゲーム。王将、飛車、金将など将棋の駒を使用しており、ルールもほぼ同じです。盤面がかなり狭いので、1手目から白熱した終盤戦が楽しめます。

 駒の初期配置は、初心者から上級者向けのものまで40種類用意されており、なかにはプロ棋士も手こずる高難易度の配置図も。駒の動かし方しか知らない人でも、実力に合わせてプレイできそうです。


画像 いろんな初期配置が楽しめるのが将棋と違うところ

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう