ニュース
» 2016年08月26日 19時34分 UPDATE

未来のバイクきたこれ……! ライダーと会話できる人格を持った「AIバイク」、川崎重工が開発へ

お互いに成長する相棒バイク。

[宮原れい,ねとらぼ]

 川崎重工は8月25日、人工知能(AI)を活用した次世代のモーターサイクルの開発に着手したことを発表しました。AIによって人格を持ったバイクは、ライダーとの対話を通じて、それぞれに合った運転時のアドバイスやマシンセッティングを教えてくれるようになります。しゃべるバイクは憧れ……!


AI 人工知能 モーターサイクル 開発 川崎重工 未来のバイクはこれがスタンダードに?

 会話から言葉だけでなく意志や感情を感じとれるよう、AIにはソフトバンクグループcocoro SBが開発した「感情エンジン・自然言語対話システム」を活用。ライダーの個性を理解し、さらにそれを反映させた発展をしていくということです。

 運転のアドバイスでは、クラウド上にある車体や走行に関する同社の独自データ、ネット上のデータをもとに適切な情報を提供。マシンセッティングについては、ライダーの経験やスキル、運転スタイルによって指示が変わるようになっています。



 同社は、「モーターサイクルを単なる移動手段ではなく、ライダーが操る悦びを味わうためのマシン」として実現するため、AIを活用した「モーターサイクルそれぞれに個性を持った人格を与える」という取り組みをいち早く開始。ライダーとモーターサイクルが、互いに高めあい成長する“新しい楽しみ方”が生まれるとしています。

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー