ニュース
» 2016年08月28日 15時53分 UPDATE

今週の天気 悪天のち高温傾向へ

大雨のあとは暑さに警戒が必要になりそうです。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 台風10号による影響は西日本と東日本は30日頃まで、北日本は31日頃までの予想です。後半は晴れて気温が上昇。大雨のあとは暑さに警戒が必要になりそうです。

台風10号による最新情報

 非常に強い台風10号は28日(日)12時現在、日本の南を1時間におよそ25キロの速さで北東へ進んでいます。このあと30日(火)には北西に進路を変えて、暴風を伴ったまま本州にかなり接近するおそれがあります。

 関東地方ではあす29日(月)のお昼頃から風がやや強まる見込みです。日付が替わる頃からは台風本体の雨雲がかかるでしょう。雨、風のピークは30日(火)朝の通勤・通学の時間帯と重なるおそれがあります。今後の台風情報はこまめにご確認下さい。

 東北と北海道には台風が近づく前から、東寄りの湿った空気が入り続ける見込みです。あす29日(月)から9月1日(木)にかけて、太平洋側を中心に記録的な大雨になるおそれがあります。局地的な大雨に警戒して下さい。

 一方、現在、西日本はすでに暖かく湿った空気と、この時期にしては強い寒気が上空に流れ込んでいる影響で、大気の状態が非常に不安定になっています。長崎県や佐賀県ではきょうのお昼頃、局地的に1時間に50ミリ以上の滝のような雨が降った所や長崎県では13時25分頃、竜巻の目撃情報がありました。

 九州ではきょうの夜にかけて雷を伴って、局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。大雨になるおそれがあります。川の増水や氾濫、道路の冠水など警戒して下さい。

 そして、九州にかかる活発な雨雲は、南北に延びて次第に東へ進む見込みです。あす29日(月)は四国と中国地方で、30日(火)頃は近畿で大雨に警戒して下さい。太平洋側だけでなく、日本海側でも大雨が必要です。

週の後半は猛暑へ

 台風が北上したあとは、本州付近は高気圧に覆われて、西から天気が回復する見込みです。東北と北海道も9月1日(木)頃からは日差しが戻るでしょう。週末にかけては全国的に晴れる見込みです。

 この時期もまだまだ強い日差しが照りつけ、晴れる日は夏のような暑さになります。特に9月1日(木)と2日(金)は九州から近畿では所々で猛暑になりそうです。台風による大雨のあとは厳しい暑さがやってきますので、熱中症に警戒なさって下さい。

異常天候早期警戒情報

 情報発表日の5日後から14日後までを対象として、7日間平均気温が「かなり高い」もしくは「かなり低い」となる確率が30%以上、または7日間降雪量が「かなり多い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されます。

関連リンク

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー