ニュース
» 2016年09月01日 09時30分 UPDATE

はしか患者がイベントに参加していた コトブキヤが注意喚起

8月26日の「es fest 06 SUMMER NiGHT〜サマナイッ☆〜」に参加した皆さまへ。

[ねとらぼ]

 壽屋(コトブキヤ)は8月26日にコトブキヤ立川本店で開催した「es fest 06 SUMMER NiGHT〜サマナイッ☆〜」に、はしかと診断された患者が訪れていたとの保健所からの連絡を受け、来場者にはしかの疑いがある場合は速やかに医療機関に相談するよう書面を貼りだした。

はしか流行 保健所から注意喚起

 発熱などの症状がある患者は、店舗とイベント会場に15時から19時の間滞在しており、今後、患者が増えるおそれもある。はしかは空気感染や飛まつ感染、接触感染で広がり、感染力が非常に強いことが特徴。発熱やせきなど風邪に似た症状から全身に発疹が出るほか、重症化すると死亡するおそれも。免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症するといわれている。

 東京都多摩立川保健所ははしかと疑われる症状を認めた場合は、必ず事前に医療機関へ電話をして、はしかの患者と同じイベントに参加した旨を伝え、指示に従って受診するよう呼び掛けている。

はしか流行 公式サイトでもお知らせ

関連キーワード

感染 | 患者 | 病気 | 症状


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう