ニュース
» 2016年09月01日 19時00分 UPDATE

米コロラド州、フクロウが有刺鉄線に引っ掛かる 保安官が救助

救助後一安心した様子のフクロウに和みます。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 米コロラド州フレモント郡で、有刺鉄線に引っ掛かり身動きが取れなくなっていたフクロウが駆け付けた保安官に救助される事件がありました。

アメリカでフクロウが有刺鉄線に引っ掛かる事故発生 「見てないではやく助けていただけませんか……」と言いたげな表情

 8月26日に地元保安官がFacebookに投稿した情報によると、事件当日「フクロウが鉄線に引っ掛かり動けなくなっている」との通報があり、野生生物担当のホルダーさんが現場に駆け付けました。Facebookには発見時や救助時の写真が掲載されており、フクロウが悲壮感漂う表情でホルダーさんに鉄線から翼を外してもらっている様子が確認できます。

アメリカでフクロウが有刺鉄線に引っ掛かる事故発生 痛い痛い痛い! 翼を丁寧に外していくホルダーさん。翼には赤みがかったか所があり、出血しているようにも見えます
アメリカでフクロウが有刺鉄線に引っ掛かる事故発生 救助後、車内で仲良くツーショット


 救助後、フクロウは検査のためすぐに地元のリハビリセンターに届けられました。幸い大事には至ってないようですが、写真では翼に赤みがかったか所も見受けられ、出血しているようにも見えます。センターで一日も早く回復してもらいたいですね。一般的にフクロウは瞳孔が大きいため、夜目がきいて遠くのものがよく見える反面、昼間の活動や近くのものを見るのを苦手としていることが知られています。保安官事務所はフクロウが有刺鉄線に引っ掛かってしまった理由については言及していませんが、そうした習性が今回の事故に関係しているのかもしれません。

画像はフレモント保安官事務所のFacebookより

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう