ニュース
» 2016年09月06日 15時50分 UPDATE

印刷通販のグラフィックが個人情報流出の第2報を発表 「カード情報も流出していた」

7月19日の発表では「クレジットカード情報をお客様からお預かりしていないため、クレジットカード情報の流出はございません」としていました。

[ねとらぼ]

 印刷通販大手のグラフィックは、7月19日に発表した不正アクセスによる個人情報流出事案について(関連記事)、流出した個人情報にクレジットカード情報も含まれていることを発表しました


グラフィック クレカ情報 流出 不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びと再発防止策のご報告(第2報)(グラフィックのサイトより)

 グラフィックは7月の発表時点で「弊社はクレジットカード情報を預かっていないため、カード情報の流出はない」としていました。しかし調査を進めた結果、顧客データベースに利用客のクレジットカード情報が保管され、不正アクセスによってその一部が流出していたことが判明したそうです。

 これまで流出が確認できた情報の数は395件で、クレジットカード番号・セキュリティコード・有効期限の他、グラフィックの会員IDも流出の疑いがあるとのこと。個別の情報の特定はできていないものの、2010年7月21日から2016年7月23日までにクレジットカード決済サービスを利用した全ての利用客情報に流出の可能性があるとしています。

 グラフィックは「お客様をはじめご関係者の皆様には、先般の発表内容に加えて、更なるご迷惑とご不安をお掛けしますこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。既に関係官庁やクレジットカード会社、警察への報告は済ませており、流出の可能性がある全ての利用客に対し個別のおわびをするとともにおわびの品として500円分のQUOカードを発送するとしています。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう