ニュース
» 2016年09月06日 22時31分 UPDATE

ウォーターサーバー約2万7000台リコール チャイルドロックが効かずに子どもがやけど

プレミアムウォーターが販売する「WFD-1050」「WFD-1070」が対象。

[ねとらぼ]

 ウォーターサーバーを扱うプレミアムウォーターがリコールを発表しました。チャイルドロック機能が効かず、子どもがやけどする事故が発生しています。

リコールが発表されたウォーターサーバー

 リコールの対象となるのはウォーターダイレクトが輸入し、プレミアムウォーターが販売したウォーターサーバー「WFD-1050」「WFD-1070」。2011年9月〜2013年12月に製造された2万7137台となります。

対象の製品

 消費者庁によると、幼児(1歳)が温水レバーを操作したところ、チャイルドロック機能が効かず、お湯が出てやけどを負う事故が発生したとのこと。構造上の問題から、チャイルドロック解除ボタンのカバーが温水コックのカバーに干渉し、チャイルドロック解除ボタンが押された状態から戻らなくなることがまれにあるとプレミアムウォーターは説明しています。

未対策品と対策品

 同社は該当製品の利用者にチャイルドロックボタンの無償交換を行うとしています。対象の顧客にダイレクトメールで順次知らせる予定。公式サイトで問い合わせ先も案内しています。

※掲載当初、リコールの対象となる製造期間を「2011年9月〜2015年12月」と表記していましたが、正しくは「2011年9月〜2013年12月」でした。お詫びをもって訂正いたします。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう