ニュース
» 2016年09月07日 11時45分 UPDATE

JR東、低コスト&短期間で設置できる新ホームドアを試行導入 2016年度内に横浜線町田駅

全面的に簡素化、軽量化しています。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 JR東日本が2016年に、低コストかつ短期間で設置できる新たな形式のホームドアを横浜線町田駅(東京都町田市)に試行導入します。


画像 新たな形式のホームドア

 JR東日本メカトロニクスが開発したもので、フレーム構造の扉が左右にスライドして開閉する仕組み。従来のホームドアと同等の強度を維持しつつ、各部位を軽量化、簡素化しています。また、列車停止位置の許容範囲を拡大するため、開口部の幅を2.8メートルに広げる改良も。

 試行導入するのは、横浜線町田駅4番線ホーム。まずは機能確認のため1つ設置し、2016年度末までに8両編成に合わせた数量を設置する予定です。


画像 全面的に簡素化、軽量化しています


画像 横浜線町田駅4番線ホーム

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう