ニュース
» 2016年09月08日 09時00分 UPDATE

『Fallout 4』ファンの死を悼んで公式がNPCとして登場させる、再会した亡き弟がゲーム内でくれたもの

Bethesdaの心遣いが、海外フォーラムを中心に賞賛されている。

[Ritsuko Kawai,AUTOMATON]
AUTOMATON


 先日、Bethesda Softworks(以下、Bethesda)は、病気の弟を亡くした『Fallout 4』のファンへ哀悼の意を込めてケアパッケージを送ると共に、先月リリースされた最新ダウンロードコンテンツ「Nuka-World」に、彼の弟をNPCとして登場させた。兄弟そろってシリーズの大ファンだったという二人は、昨年に若くして父親を失ったばかりだった。悲報を聞きつけたBethesdaの心遣いが、海外フォーラムを中心に賞賛されている。

ウェイストランドで再会した兄弟の絆

 シリーズをこよなく愛し、『Fallout 4』を500時間以上遊んできたという“NoohjXLVII”ことAndyさんは、昨年56歳だった父親を失ったばかり。ダウンロードコンテンツ「Automatron」(短めのシナリオが追加されるほか、オリジナルのロボットNPCがクラフトできるようになるDLC)が配信された際、彼は父の名を冠した二足歩行型セントリーボット「GR-36」(父の名前がGREGだったことから)を作ったという。ベースにセントリーボットを選んだのは、大きかった父の背中を投影させるため。右腕に装備されたハンマーとノコギリは、日曜大工が趣味だった父の思い出そのもの。今は亡き父とゲーム内の荒野を旅することで、Andyさんは親子の絆を確かめたのだ。

 そんな矢先、24歳の弟、Evanさんが集中治療室へ運び込まれた。糖尿病によって引き起こされた深刻な状態で、助かる見込みは絶望的だったという。彼もまた、兄同様に『Fallout』シリーズの大ファンであり、もし現実にフォールアウトが起こったとしたら、スーパーミュータントになりたがっていたと、Andyさんは語る。グールになりたい兄と共に、世界を永遠に旅することを空想していたのだとか。病院から知らせが届いた時のAndyさんは、ちょうど弟に見せようと「Contraptions Workshop」(ダウンロードコンテンツ第3弾、多数の工業系ワークショップアイテムが追加される)で制作していた建物を完成させたばかりだった。その後、Evanさんの脳機能は停止。間もなくして静かに息を引き取った。

 Andyさんは2か月前、立て続けの不幸で悲嘆に暮れる中、この体験をフォーラムサイトRedditでシェアすると共に、かけがえのないゲーム体験を提供してくれたBethesdaに対して、心から感謝の気持ちを述べていた。すると、悲報を聞きつけたBethesdaのサポートチームから、Andyさんの家族に哀悼を表して、手紙を添えたケアパッケージが送られてきたという。そこには『Fallout 4』のオリジナルTシャツやジグソーパズル、VaultスーツカラーのXbox Oneコントローラー、オリジナルサウンドトラック、ボブルヘッド人形、デスクローのぬいぐるみなど、彼を元気づけるために数え切れないほどのグッズが詰め込まれていたのだ。しかし、公式のサプライズは、これだけには留まらなかった。

 今月はじめ、AndyさんはRedditで再び近況を報告。8月30日にリリースされたばかりのダウンロードコンテンツ第6弾「Nuka-World」に、BethesdaがEvanさんをNPCとして登場させてくれたと明らかにした。『Fallout 4』のキャラクターとなった「Evan」は、追加マップの南端に位置する自宅に住んでいる。また、彼に話しかけるとクラフトレシピ「Nuka-Love」を無償で提供してくれる。裏はないし、罠でもない。『Fallout 4』をこよなく愛したEvanさんは、荒れ果てたウェイストランドに一筋の光を当てるヒューマニティの良例になったのだ。ちなみに、「Evan」は不死身に設定されている。亡き弟にゲーム内で再会したAndyさんは、ゲームキャラクターになったEvanさんについて、あふれる想いを次のように伝えている。

 「ずいぶん華奢になったものだよ。本当の彼はMcDonough(ゲームに登場するDiamond Cityの市長)くらいデカい。もし黒縁メガネをかけていたら、まさにソックリさんだよ。だけど、彼の内面は結構いい感じに捉えられてる。言葉遣いは彼そのものだよ。あいつはシャレばかり言ってるおかしなやつでもあったけどね。Bethesdaの皆さん、改めてありがとう。この恩は一生忘れないよ」。さらに、彼はEvanさんに出会う全てのプレイヤーにメッセージを残している。「追伸、彼から物をもらっても悪く思わなくていいよ! 彼は受け取って欲しいんだから。それに現実世界でも、あいつは助けを必要としている誰かのために、着ているシャツを差し出すようなやつだったから」。

関連記事

Copyright (C) 2017 AUTOMATON. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう