ニュース
» 2016年09月13日 10時58分 UPDATE

キリン、実は4種類いるってよ 「キタキリン」「マサイキリン」など、遺伝子研究で判明

他の大型動物に比べてあまり研究が進んでいなかったんだそうな。

[ねとらぼ]

 これまで単独の種だと考えられていたキリンが、実は4種類に分類できることが分かりました。この研究結果は米科学誌「カレントバイオロジー」にも掲載された他、野生キリン保護管理団体などの研究チームがサイト上でも発表しています



 このキリンの4分類は遺伝子の研究によって分かったもので、それぞれの名称は「キタキリン」「ミナミキリン」「アミメキリン」「マサイキリン」。その個体数について、キタキリンは4750頭未満、アミメキリンは8700頭未満にまで個体数が減少しているとのこと。また、これらの遺伝的差異はシロクマとヒグマほど大きいとしています。

 アフリカに生息するキリンはここ30年で大幅に個体数が減少していたものの、ゾウ・ゴリラ・ライオン・サイなど他の大型動物と比較して研究が進んでいませんでした。



関連キーワード

遺伝子 | 動物 | 科学


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう