ニュース
» 2016年09月13日 15時11分 UPDATE

20年の思い出をPS VRで 「クーロンズ・ゲート」VRコンテンツ、製品化へ始動

20周年を迎える2017年5月ごろの発売を目指し、クラウドファンディングで資金調達を開始。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 1997年に発売され、今もなおカルト的な人気を誇る「クーロンズ・ゲート」(関連記事)。そのアジアンゴシックやサイバーパンクの要素が香る独特の世界を、PlayStation VRで体験できる「クーロンズ・ゲートVR 朱雀」の制作が発表されました。製品化に向けた、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」での資金調達が始まっています。


CAMPFIRE クラウドファンディングページ

 開発するのは、「クーロンズ・ゲート」制作陣中心で設立された企業、ジェットマン。世界観を構築するマップを、昔訪れた街を再度散策するような体感コンテンツとして再現します。原作ではムービーをつないで表現していた部分(JPEGダンジョン)も含めて、街並みを精細にモデリング。リアルタイムでの自由な散策を可能としています。


街並み
街並み 研究発表で提示されたイメージ。退廃的な街並みを、自由にながめ回して散策できる

 今回再現されるのは、龍城路およびクーロンフロントのパート。時間によって進入できる通路が変わるなど街は日々変化し、ときにはなつかしのキャラクターに会えることもあるそうです。また、探索型のイベントや写真撮影、ユーザー間のコミュニケーション機能も用意されています。

 クラウドファンディングの支援コースは3000円から100万円まで。高額支援者は、テキストやポスターといった形で作品に出演できます。目標金額は300万円で、超過分はダンジョンやキャラクターなどの制作にあてられるそうです。

KowloonsGate (C)1997 Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
KowloonsGateVR 2016 JETMAN Inc. All Rights Reserved.

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう