ニュース
» 2016年09月13日 20時20分 UPDATE

「どうしても全部同時に認識できない12個の点」 格子を使った錯視画像がひたすら不思議

もともと立命館大学の教授が作成した画像が、海外のTwitterユーザー経由で話題に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 12個の点が、全部同時に認識できない――そんな錯視画像がTwitterなどで注目を集めています。罫線が縦・横・ななめに規則正しく引かれており、等間隔で交差点に黒い点が配置。全部を視野に入れようとすると、確かにどれかが消えて見えます。不思議!


ニニオ型 視点を引くなど工夫しても、いずれかの点が消えて見える。画像をクリックして拡大表示すると、より錯視の効果が強く感じられる(画像提供:北岡明佳教授)

 立命館大学の北岡明佳教授が、海外の論文をもとに分かりやすい形で作成し、自身のサイトで公開したもの。論文の発表者の名から「ニニオ型」と名付けられています。


ニニオ型 元となった海外の論文の画像の1つ。こちらも白い点が消えて見える(論文「Variations on the Hermann grid: an extinction illusion」より引用)

 北岡教授がページを公開したのは、2010年1月からと少し前のこと。最近になって海外のTwitterユーザーがこれを紹介したり、ツイートがきっかけでニュースサイトに取り上げられたりして拡散され、日本でも話題となったようです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー