ニュース
» 2016年09月15日 14時58分 UPDATE

TGS 2016:ちょっと2次元行ってくるわ! 2DキャラをそのままVR化できてしかも触れる「E-mote」の破壊力がものすごかった

「2次元が来た」がいよいよ現実に。

[ねとらぼ]

 東京ゲームショウ2016、エムツーのブースでは、2DのキャラクターをそのままVR化し、3D空間の中で触れる技術を出展していました。


エムツー マネキンの頭をなでると……

エムツー ちゃんと反応してくれます

 展示されていたのは、PS Vita用ソフト「プラスティック・メモリーズ」のヒロイン・アイラに触れるデモンストレーション。アイラが立っている場所にはちょうどマネキンが置かれていて、マネキンの体に触ると、画面内のアイラがさまざまなリアクションを返してくれるという仕組みです。VRのキャラクターに触れる技術は幾つかありますが、マネキンとはいえ本当に髪に触ったり、体に触れたりできるのはかなりドキドキしました。人目がなかったらずっと触っていたかった……。


エムツー 絵面が完全にアウト

エムツー ほら怒られた……!

 もともと同社は「E-mote(えもーと)」と呼ばれる、2Dのイラストを立体的に動かすことができるアニメーションツールを展開しており、今回のデモもその一環。他にも、6人の2Dキャラクターに周囲を囲まれる「2.5次元ハーレム」という展示もあり、これも「E-mote」を使って2Dキャラクターを立体化したもの。こちらもちゃんとキャラクターに“触る”ことができ、触れた場所に応じていろいろとリアクションしてくれました。


エムツー こちらは6人のキャラクターに囲まれる「2.5次元ハーレム」

エムツー うっかり手つきが怪しく……すいませんすいません

エムツー 画面内ではこんな感じ

エムツー 元は2Dのイラストですが、かなり自然に「そこにいる」感じがあります

 3Dキャラクターを使ったVRはそれほど珍しくありませんが、2Dのキャラクターが目の前に立っているのを見ると、まるで自分が2次元の住人になったような、3Dとはちょっと別種のインパクトがあります。E-moteを使った「2.5次元VR」はホール4のエムツーブースで体験可能です。


※開発元より、性的な意図はなかったとの説明があったため、一部表現を修正いたしました

関連キーワード

VR | 二次元 | アニメ | 東京ゲームショウ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう