ニュース
» 2016年09月15日 16時15分 UPDATE

「中秋の名月」 きれいに見える所は?

北日本や沖縄は期待大です。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
きょう9月15日(木)は中秋の名月、十五夜です。秋雨前線の影響で雲が多く、すっきりしない所もありますが、北日本や沖縄は美しいお月様が見られる可能性大。また、その他の地方も、晴れ間の出てくる所がありそうです。

十五夜 北日本や沖縄は期待大

 きょう9月15日(木)は中秋の名月、十五夜です。本州付近は秋雨前線の影響でくもりや雨の日が続いていて、お月見にはあいにく???と思ってしまうような空模様です。ただ、正午現在の天気の様子を見ますと、北海道や東北、沖縄は比較的よく晴れていて、北陸や九州でも晴れ間が出ています。今夜、晴れて月が見られる所はどこなのか、まとめてみました。

うさぎもくっきり 美しい中秋の名月★★★

 北海道や東北は、このあと一部でにわか雨の所がありそうです。ただ、雨は降っても一時的で弱く、夕方頃までの所が多いでしょう。夜は晴れて、お月見をゆっくり楽しめそうです。また、沖縄もよく晴れて、きれいなお月様が望めそうです。

時々雲の切れ間から輝く月が★★

 本州の太平洋側には秋雨前線が停滞し、太平洋側を中心に帯状に雲のかかりやすい状況が続く見込みです。日本海側にあたる北陸から山陰、九州北部では雲はかかっても薄い雲が中心で、こちらも雲が切れた時には、美しい月が見られるチャンスが高いでしょう。

じっくり待てば……雲の切れ間から期待★

 関東から九州にかけての太平洋側は、厚い雲が切れる瞬間を狙っていれば、見られる可能性がありそうです。秋雨前線の影響で、夜にかけて雲はとれにくい状況が続きます。ただ、湿った空気の流れ込みは弱く、夜には比較的雲が薄くなりそうです。

 明日16日(金)朝の最低気温は全国的に平年よりやや高く、今夜に急に涼しくなることはありません。ただ、お月見のできる可能性が高い北海道や東北、北陸はけさよりもやや低い気温になりそうです。じっくり月を愛でられるように、長袖やブランケットがあるとよさそうです。

中秋の名月 2日後に満月になるのは9年ぶり

 中秋の名月は、丸いお月様を想像しますが、毎年必ずしも満月になるわけではありません。現に、今年はきょう9月15日(木)が中秋の名月ですが、満月になるのは2日後の9月17日(土)です。2日後に満月になるのは2007年以来9年ぶりのことです。

 そもそも「中秋の名月」と「満月」は定義が違い、同じになることの方が少ないです。「中秋の名月」は、旧暦の8月15日の夕方に出る月をさします。一方で、「満月」は地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間の月をさし、中秋の名月に比べ平均して0.8日遅れとなります。平均して0.8日遅れなのに、今年は2日遅れとなるのは、月の軌道が楕円で一定でないことが影響しています。このように、「中秋の名月」と「満月」それぞれ決め方が違うことから、日付にずれが生じることがあります。ちなみに、中秋の名月が次に満月になるのは、2021年で5年後です。2021年、2022年、2023年と3年連続で中秋の名月が満月になります。

関連リンク

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう