ニュース
» 2016年09月16日 14時23分 UPDATE

TGS2016:イスがガッコンガッコン VR+ゲーム連動イスのシューティングが圧倒的没入感

体感ゲームの進化系。

[コンタケ,ねとらぼ]

 東京ゲームショウ2016に出展している積木製作のVRシューティングゲーム「Blast x Blast」が、非常に高い没入感を演出しています。ゲーム内容に連動する「SIMVR」(シンバ)というイスに座ってプレイするようになっており、VRの世界をさらに盛り上げてくれました。


VRライドマシン「SIMVR」 VRライドマシンSIMVR(画像はSIMVR公式サイトより)

 同作は、2つの専用コントローラーを両手に持ち、「SIMVR」に座ってプレイします。弾を撃ったときに「SIMVR」から反動がきたり、敵弾に当たると震えたりするのですが、結構大きめに揺れてかなり迫力があります。シートベルトが付いているのも納得。


プレイ中 実際にプレイしているところ


プレイ中 「SIMVR」がガッコンガッコン揺れます


ゲーム画面 ゲーム画面。グラフィックはなかなかきれい

 体感ゲームのような感じですが、画面がVRなのでさらにリアリティーがあります。体感+VRの組み合わせは、今後アーケードゲームの主流になっていくのかもしれません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう