ニュース
» 2016年09月17日 21時00分 UPDATE

アニメ的表現が現実に……! 目に見えない空気の流れを撮影した映像がすごい

想像が可視化された世界。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ライターの火をつけると煙のような空気のモクモクが……! ――そんな空気の動きを捉えた実験動画がYouTubeに投稿されています。はっきりとリアルタイムで可視化され、その動きはまるでアニメーションのようにも見えます。



実験 動画 シュリーレン 空気 見えるぞ……!

 映像は鏡(凹面鏡)や点光源、ナイフエッジを使い、気体の密度差が見えるようになる「シュリーレン現象」を利用して撮影。鏡の前でドライヤーや人の手、炭酸の缶ジュースやアイスを使い、普段の生活の中で起こっている空気の流れを映し出しています。


実験 動画 シュリーレン 空気実験 動画 シュリーレン 空気 撮影風景はシンプルに見えます

実験 動画 シュリーレン 空気 手を置くだけで周囲の空気に変化が

実験 動画 シュリーレン 空気 ドライヤーで激しく流れる空気

実験 動画 シュリーレン 空気 アイスでは少しなめらかな動きに

 投稿したのは科学やマジックの動画を制作しているBrusspupチャンネルで、動画の制作には8カ月かかったとのこと。

 コメント欄では普段目にしない空気の映像に「素晴らしい」「とても美しい」といった声が寄せられています。

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!