ニュース
» 2016年09月19日 11時00分 UPDATE

アメリカに「スーパーマリオブラザーズ」の巨大迷路が出現 農家「私たちが作りました」

なにげに16年前から作っています。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 アメリカ・ニューヨーク州にある農園が「スーパーマリオブラザーズ」の巨大迷路を完成させました。マリオやルイージなど、おなじみのキャラが勢ぞろいです。


アメリカでマリオの巨大迷路 すごい完成度

 迷路を作成したのは「Stoughton Farm」という家族経営の農園で、観光客向けに16年前から毎年巨大迷路を作っています。ここ最近は1万人が訪れる人気スポットになっているのだとか。オーナーのティム・スタウトンさんによると、世界的に愛されていて誰でも分かるものだから今年はマリオを選んだといいます。過去には吸血鬼やいじめ反対をテーマにしたものなどもあったそうです。



 この巨大迷路の近所に住む人が「近所の農家が超絶かわいい巨大迷路を作ったんだが」とアメリカの掲示板Redditにスレを立てたところ、ネットで大きな話題となっていました。


マリオの巨大迷路が話題に 近所の人がRedditに投稿

 製作には数週間かかったそうで、自分がどこにいるかを把握しながら作るのが大変だったようです。

関連キーワード

マリオ | アメリカ | Reddit | 家族 | 経営 | 観光


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう