ニュース
» 2016年09月20日 15時06分 UPDATE

「ハマの番長」横浜・三浦大輔投手、今季で引退 20日会見で本人の口から発表

25年間で532試合に登板、通算172勝をあげていました。

[Kikka,ねとらぼ]

 「ハマの番長」こと横浜DeNAベイスターズの三浦大輔投手が今シーズン限りで現役を引退すると発表しました。


横浜DeNAベイスターズ トレードマークのリーゼントでビシッと決めた三浦選手(生中継したSHOWROOMより)

 1991年に大洋ホエールズ(現・横浜DeNA)に入団以来横浜一筋でプレイを続けてきた三浦投手。20日に会見も開き、「皆さんに支えられて一歩ずつ進んでくることができました。感謝の気持ちでいっぱいです」とファンへの感謝の気持ちを伝えました。

 なお背番号18番に関しては「横浜ナンバー」とすることとし、ふさわしい選手が現れるまでは欠番とするとも発表されました。


横浜DeNAベイスターズ 三浦選手の会見を知らせる告知

 2016年7月11日の中日戦では24年連続安打を記録。8月22日に「プロ野球投手による安打最多連続年数」でギネス世界記録にも認定されたハマの番長、本当にお疲れさまでした!

(Kikka)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう