ニュース
» 2016年09月21日 17時13分 UPDATE

ボルダリング×エアホッケー 壁面を移動しながらボールを跳ね返すゲーム「Climball」がおもしろそう

対人プレイしているうちに、むっちゃ体力使ってそう。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 手足を使って壁面上に映し出されたボールを跳ね返す、ボルダリングとエアホッケーを組み合わせたようなゲーム「Climball」が面白そうです。

 「Climball」は、2人のプレイヤーがクライミング用ウォールにつかまりながら行うゲーム。手足の位置を感知するため、姿勢を変えることで壁面上を動くボールを跳ね返すことができます。

 「competitive(競争)」モードはエアホッケーや卓球ゲーム「PONG」のような内容になっており、ボールが自分のエリアを突破したら負け。「collaborative(協力)」モードは、ボールを壁の中央にできるかぎり長時間留めるルールです。夢中で遊びながら、たっぷり運動できそう!


画像


画像 「Climball」のプレイの様子。画像は公式サイトより

 なお、同ゲームをプレイできるクライミング用ウォール「Augmented climbing Wall」が設置されているのはフィンランドのみ。その他にも光で描いた枠から出ずに移動する「Sparks」、もぐらたたきのような「Whack-a-Bat」などが遊べます。日本にも持ってきてくれ〜!


画像 「Sparks」のプレイの様子。移動する三角の枠からはみ出ないように移動します


画像 こうもりを手足でタップし退治する「Whack-a-Bat」

マッハ・キショ松

関連キーワード

ゲーム | フィンランド


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう