ニュース
» 2016年09月22日 15時21分 UPDATE

iOS 10でカメラのシャッター音が鳴らなくなる裏技? 不具合の可能性も

iOS 10を導入したiPhone 6と7 Plusで確認。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 iPhoneはカメラやスクリーンショットの撮影時に、かなり大きなシャッター音が鳴ります。ステレオスピーカー搭載の「7」と「7 Plus」では音量も倍増。しかしある設定を施すことで、この音を完全に消せることが分かりました。

 「設定」アプリを開き、「一般」「アクセシビリティ」「AssistiveTouch」の順に選択。「AssistiveTouch」のスイッチをオンにしたら、「最上位レベルのメニューをカスタマイズ」を選びます。


一般アクセシビリティ 「一般」「アクセシビリティ」を選択

AssistiveTouchカスタマイズ 「AssistiveTouch」のスイッチをオンにしてから「最上位レベルのメニューをカスタマイズ」

 カスタマイズメニューが出たら右下の「−」ボタンでアイコンの数を1つまで減らし、残った「カスタム」をタップ。「消音」を選んで「完了」を押せば、準備はOKです。以降、ホーム画面に表示される薄いグレーのボタンをタップすることで、消音機能のオン・オフを切り替えられるようになります。


アイコン減カスタム アイコンを減らしたら「カスタム」をタップ

設定完了 「消音」を選んで「完了」

起動 グレーのボタンで消音機能をオン・オフ(AssistiveTouchのボタンはスクリーンショットに写らない仕様)

 iOS 10(10.0.1)導入済みのiPhone 6とiPhone 7 Plusで試したところ、いずれもシャッターが無音に。音楽やSEはもちろん、3D Touch動作時のバイブレーションすら消えます。iOSの不具合による可能性があり、後日アップデートで修正されるかもしれません。

 本来シャッター音は盗撮の防止が目的であり、もちろんこの設定の悪用は厳禁。ゲームのスクリーンショットを撮りたいけど、公共の場だとシャッター音から盗撮を疑われかねない……そんなときに使う分にはアリでしょう。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう