ニュース
» 2016年09月23日 11時30分 UPDATE

漫画家・荒木飛呂彦さんがデザインしたお守り、熊野本宮大社で頒布開始 モチーフは熊野古道などの世界遺産

それにしても荒木さん、相変わらず若いなあ。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 熊野本宮大社(和歌山県田辺市)で、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズを手がける漫画家、荒木飛呂彦さんがデザインした「和の守(わのおまもり)」の頒布がスタートしました。


画像 左:熊野古道がモチーフ、右:サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路

 熊野本宮大社は、全国に3000社以上ある熊野神社の総本宮。「和の守」は同神社などとともに「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されている熊野古道がモチーフになっており、ゆかりの深い八咫烏(やたがらす)があしらわれています。

 また、熊野古道と姉妹道提携を結ぶスペインの世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」を題材にしたものも。こちらには同遺産の象徴となっている貝殻、ラベンダーがデザインされています。

 郵送などには対応しておらず、熊野本宮大社の授与所社頭でのみ受け取ることが可能。初穂料(価格)は、ともに2000円。


画像 荒木さん、相変わらずお若い!

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー