ニュース
» 2016年09月27日 09時00分 UPDATE

ひな鳥サイズの手乗りアーケード筐体登場 専用ゲームで本当に遊べるぞ

表示解像度は96×64ピクセル。MP4動画も再生できます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 昔懐かしいアーケードゲームのアップライト筐体型の、極小サイズのゲーム機「Tiny Arcade」が登場しました。幅40ミリ・奥行き32ミリ・高さ75ミリと、ひな鳥のような小ささですが、本当にゲームで遊べます。


筐体 ちっさっ!

比較図 硬貨との比較図

 小型の電子機器を手掛けるアメリカ企業、TinyCircuitsがクラウドファンディングの成功を経て製品化したもの。小さいながらもアナログスティックと2個のボタン、表示解像度96×64ピクセルの有機ELディスプレイ、スピーカーを搭載しています。

 私家版のインベーダーやテトリスなど、専用ソフトを公式サイトで無料提供。ダウンロードしてmicroSDカードへ保存し、筐体に挿入することで遊べます。オープンソースなので、技術があれば自作も可能。MP4形式の動画を変換し、毎秒30コマで再生できるプレーヤーも用意されています。


スロット ゲーム入りのmicroSDカードを背面に挿入して遊ぶ

birdsasteroidstinytris
invadersshootertinyrun 懐かしい感じのラインアップ。インストール済みのmicroSDカードも販売されています

 クリアーとブラックの2色がラインアップされており、価格は組み立てキットが59.95ドル(約6000円)、完成品が74.95ドル(約7500円)。組み立てに接着剤やハンダ付けは不要で、基板やディスプレイ、アクリル製パーツを立体パズルのようにはめ込むだけでOKです。希望者には、「スペースインベーダー」風にデコレーションできるシールも同梱されます。


同梱物 組み立てキットの同梱物


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー