ニュース
» 2016年09月29日 08時30分 UPDATE

POPから飛び出す未来感 3D映像が宙に浮いて見えるプロモーションツール登場

タブレットの映像を特殊なプレートに投影する仕組み。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 3D映像を空中に投影し、浮遊しているかのように見せるプロモーションツールを、大日本印刷が10月から発売します。


イメージ 運用時のイメージ

 写真集の制作サービスや光学デバイスの開発を手掛ける、アスカネットが開発した特殊なプレートを採用。筐体に備え付けられたタブレット端末の映像をプレートに投影し、宙に浮いているように演出します。センサーを取り付ければ、かざした手で空中の映像を操作することもできるそうです。

 机などの上に設置できるカウンターディスプレータイプ(30万円)と、床に直接置けるフロアスタンドタイプ(35万円)を用意(税別)。筐体は紙製で設置や撤去がしやすく、印刷による自由度の高いデザインを実現しています。


2タイプ 高さの異なる2タイプを用意


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー