ニュース
» 2016年09月29日 17時30分 UPDATE

「精神的ダメージレベル1」からオーバーキル 漫画家・日吉丸晃さんの同人活動にまつわる怖い話がホントに怖い

どう考えても、メンタルがたくましすぎる。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 少女、BL漫画などを手掛ける漫画家・日吉丸晃さんが、Twitterのハッシュタグ「#同人ほんとにあった怖い話」に投稿している作品が、マジで恐ろしいと話題になっています。


画像画像 近所、親戚に同人作品を配られる悲劇が「精神的ダメージレべル1」って……

 作品ごとに「精神的ダメージレベル」が設定されているのですが、「レベル1」は自作の同人誌を「読んだ感想もお願いしておいたわよ」と、母親が近所や親戚に配ってしまうというエピソード。あれ、おかしいな。普通はこの時点でオーバーキルされているような?

 この次に公開された「レベル10」は、インターネットがまだダイヤル回線だったころの悲劇。父親の勤め先に取引先の会社が、ポエムやエッチなBLモノのイラストを掲載していた日吉丸さんのホームページの日記をFAXで送信してしまいました。


画像画像 「レベル10」は"身内バレ"よりもエグい"身内の会社バレ"

 そして「レベル50」では、全国ネットのニュース番組で同人誌が取り上げられ、作品のタイトルやサークル名がモロバレになり、思わずTVの前で絶叫。「レベル1」はいわゆる「身内バレ」のようなものでしたが、同人活動がバレる規模がどんどん拡大していきます。これはキツい……。


画像画像 同人活動している人にこそ分かる辛さの「レベル50」

 「レベル1から恐ろしすぎる」「涙なしには読めない」と怯えてしまう人が多数現れたことから、日吉丸さんは「レベル100は絶対表に出せないな…と痛感いたしました」とコメント。更新は今後も行われる予定で、どこまで「精神的ダメージレベル」が上がっていくのか目が離せません。ちなみに、次回は「レベル60」の作品を公開するそうです。

画像提供:@KURIKOYA_akira

マッハ・キショ松

関連キーワード

漫画 | 漫画家 | 同人誌 | ボーイズラブ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう