ニュース
» 2016年09月29日 19時57分 UPDATE

JR関内駅が電光掲示板でDeNA三浦選手にメッセージ 「ハマの“永遠”番長、25年間おつかれさま」

Twitterでは「粋な計らい過ぎる」といった声も。

[ねとらぼ]

 “ハマの番長”こと、横浜DeNAベイスターズ・三浦大輔選手の引退試合に合わせ、JR関内駅は9月29日、駅構内の電光掲示板で「25年間おつかれさまでした」と最後のエールを送りました。三浦選手は今月20日に引退を表明、この日が最後の試合となります。

 関内駅はDeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムの最寄り駅の1つ。電光掲示板に流れたメッセージは「ハマの“永遠”番長、25年間おつかれさま、そして、ありがとう」というもので、Twitterでは電光掲示板を見た人から「粋な計らい過ぎる」「感動する!!」といった感想が数多く投稿されました。






 これ以外にも、横浜市営地下鉄関内駅では「永遠番長特別仕様」として、期間限定で三浦選手のラッピングを実施中。25年にわたって現役を貫いた“ハマの番長”に、各方面からエールが寄せられています。





ハマの番長

ハマの番長

ハマの番長

ハマの番長

※画像は横浜市広報課のTwitterより

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー