ニュース
» 2016年10月01日 17時40分 UPDATE

なにこれ切ない…… 自動で出てくる「柿の種マシン」が期待を裏切るパフォーマンス

このマシン、ドSなんじゃないかな。

[宮原れい,ねとらぼ]

 受け取り口に手をかざすだけで柿の種が出てくる「柿の種マシン」を使ってみた様子を、職場の人からもらったというTwitterユーザーのあづま 美加(@ShoxMi121)さんが投稿しています。自動で出てきて楽々食べられるはずが、なんでこうなった……。



 柿の種を食べようと手を差し出し待つこと約3秒。マシンは軽快な音をたてて柿の種を出してきましたが、その数なんと1個。動画では、その後も手をかざしたまま続きを待ちますが出てこず、諦めるように手を引っ込めていく様子が写されています。なにこれ悲しい。


柿の種 センサー式 排出機 1個 マシン ここに手を置けばどんどん出てくるはず

柿の種 センサー式 排出機 1個 マシン お、きたきた

柿の種 センサー式 排出機 1個 マシン ……

柿の種 センサー式 排出機 1個 マシン 1個……

 あづまさんによると旦那さんが使うとジャラジャラといっぱい出て、再び自分が使うと出てこなくなり、結局上のフタを開けて食べたのだとか。この差はどういうことなの……?




 Twitterでは「え、つらい……」「一粒だけって……」「これは悲しい…」と切なくなった人の声のほか、「笑う」「このガッカリ感は贈り物に最適w」「1個ずつ味わって食べれるねっ!」という前向き(?)な声もみられます。


柿の種 センサー式 排出機 1個 マシン 悲しみ……

画像提供:@ShoxMi121さん

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう