ニュース
» 2016年10月04日 13時34分 UPDATE

人間と動物、暴走車がひかざるを得ないとしたらどちら? MITの自動運転システム研究サイトが究極の選択で意見を求める

人間が葛藤して出した答えが、いずれはシステムの判断基準に?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 自動運転車のブレーキが故障し、止まれなくなったと仮定します。その先、片方の車線には犯罪者を含む人間が3人、もう片方には3匹の動物が。自動運転システムはどちらの進路を、つまり犠牲者を選ぶべきでしょうか?――そんな究極の選択で利用者の倫理観を問うサイト「Moral Machine」が、海外メディアで取り上げられ話題となっています。


選択 動物を救おうとすると、犯罪者はおろか善良な市民まで死亡する例。どちらを選んでも悲劇となる

トップ トップページ下の「Start Judging」からスタート

 「Start Judging」をクリックすると、暴走した自動運転車のとるべき進路を選ぶ、13の質問がランダムで出題。「信号無視の妊婦か信号を守っている犯罪者」「搭乗者5人か歩行者1人」といった組み合わせで、「殺さざるを得ないとしたらどちらか?」を問われます。どちらを選ぶにしても心苦しい……。


選択 画像クリックで選択を決定、下のボタンで状況説明の表示をオン/オフ。このケースでは、搭乗者か歩行者のいずれかが死んでしまいます

選択 直進すると障害物と激突して搭乗者3人と2匹が死亡。回避した場合は、赤信号無視の歩行者1人が死亡

選択 赤信号を無視した人間と、青信号で渡る動物の2択

 全問に答えると集計結果が表示。優先して救ったのが「人か動物か」「若年者か高齢者か」といった、選択基準の傾向を閲覧できます。全利用者の平均値と比較することも可能で、自分が他人より「動物を犠牲にしがちだった」など、ショッキングな結果を見せられることも。


集計結果 集計結果の一部。「救える命の多寡を基準にしたか」「歩行者と搭乗者、どちらの命を優先したか」など、さまざまな条件で選択の傾向が表示される

 同サイトはMIT(マサチューセッツ工科大学)が、自動運転システム研究の一環で始めたもの。「システムが道徳的なジレンマに直面したとき、いかなる決断を下すべきか」について、人間の意見をクラウド上にまとめることが目的だそうです。いつの日か、人間が葛藤して出した答えに沿って、機械が「何を生かすか」判断することになるのでしょうか。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー