ニュース
» 2016年10月04日 14時19分 UPDATE

シリーズ初の無線LANを搭載した新しい「ポメラ」登場 よりテキスト入力しやすく

7インチワイド画面と、キーピッチ17ミリのキーボードを採用。

[ねとらぼ]

 キングジムはデジタルメモ「ポメラ」の新モデル「DM200」を10月21日より発売する。PC版ATOKと同等の日本語変換エンジンや、シリーズ初の無線LANを搭載したのが特徴。

ポメラ デジタルメモ「ポメラ」DM200

 「ポメラ」は“テキスト入力”に特化したデジタルツール。2008年11月の発売以来、累計販売台数は30万台を突破している。新モデルでもテキスト入力のしやすさを追求しており、語彙数は従来機の約3倍になっている。本体には「ポメラ」DM100と比較し、面積が約40%拡大した7インチワイド画面と、キーピッチ17ミリのキーボードを採用。電源にシリーズ初のリチウムイオンバッテリーを採用したことで連続駆動時間は約18時間となっている。

ポメラ 約580グラム
本体メモリ:128MB
対応記録メディア:SDカード(最大容量2GB)、SDHCカード(最大容量32GB)

 また、無線LANを搭載したことで、クラウドストレージやプリンタなどに直接ファイルをアップロードできるようになった。ただし、メール受信などはできない。iPhoneやiPad、Macに標準搭載されているメモアプリと同期して双方向で文章を編集できる「ポメラSync」機能を搭載している。なお、「ポメラ」で作成した文章データをQRコードに変換し、スマートフォンなどで読み込むこともできる(iOS専用アプリ「pomera QR code reader」を使用)。価格は税別4万9800円。

関連キーワード

ポメラ | 無線LAN | キングジム | ATOK


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう