ニュース
» 2016年10月04日 17時50分 UPDATE

新海監督の故郷・小海町で「君の名は。」展 作品の原風景も楽しめるかも?

会期は10月23日から12月25日まで!

[あいひょん,ねとらぼ]

 長野県・小海町高原美術館は、大ヒット中の映画「君の名は。」の展覧会の開催を決定しました。小海町は新海誠監督の生まれ育った地で、企画書・絵コンテ・設定資料などの展示を通じて同作の魅力に迫る展覧会になるとのこと。会期は10月23日から12月25日まで。


 この夏公開された最新作「君の名は。」は新海作品の魅力が随所に盛り込まれながらも、今までの作品をさらに超えていく魅力を持った、まさに一つの到達点とも言うべき作品です。そうした「君の名は。」の公開に際し、その魅力をより深く味わうことができる展覧会を新海誠監督の生まれ育った小海町にある小海町高原美術館で開催いたします。本展では、企画書や絵コンテ、設定資料などの展示を通じて、「君の名は。」の内容に迫ります。「君の名は。」の魅力をより強く感じられる機会となれば幸いです(小海町高原美術館の公式サイトから引用

 小海町高原美術館の開館時間は9時から17時(最終入館は16時30分)、休館日は火曜日。入館料は高校生以上が500円、小中学生が150円(20人以上の団体割引あり)。

 小海町は長野県の東部・佐久市南佐久郡のほぼ中央に位置し、雄大な大自然に囲まれた環境が広がっている町です。都市部からは離れていますが、新海監督が見てきた風景をこの機会に楽しんでみては?



関連キーワード

君の名は。 | 新海誠 | 映画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう