ニュース
» 2016年10月07日 07時00分 UPDATE

伊豆急行、東京急行電鉄が国内最大級の観光列車を2017年夏から運行 アルファ・リゾート21を改造

設計、デザインは「ななつ星in九州」「富士山ビュー特急」を手掛けた水戸岡鋭治氏が担当。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 伊豆急行と東京急行電鉄が、8両編成、定員100人程度と国内最大級の観光列車の運行を2017年夏に開始することが発表されました。


画像 改造元となる「アルファ・リゾート21」。画像は伊豆急行のWebサイトより

 「リゾート21」の外観、客室設備の見直しを行い、1993年に登場した「アルファ・リゾート21」(伊豆急行)を改造した車両を使用。クルーズトレイン「ななつ星in九州」(JR九州)、「富士山ビュー特急」(富士急行)をはじめとする鉄道車両を手掛けたデザイナー・水戸岡鋭治氏が設計、デザインを担当します。

 2017年7月からJR横浜駅〜伊豆急下田駅間を走り、食事の提供などの車内サービスを行う予定。列車名称や具体的なサービス内容などの詳細は決定次第、発表されます。


画像 設計、デザインを担当する水戸岡鋭治氏

マッハ・キショ松

関連キーワード

リゾート | 東急 | デザイン | 観光


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう