ニュース
» 2016年10月07日 14時06分 UPDATE

Oculus、単体でVRを楽しめるHMD「Santa Cruz」発表 モーションコントローラーなど既存機種の周辺機器も発売

PCや外付けのセンサーなしで、リッチなVR体験が可能に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Oculus VRが、開発者会議「Oculus Connect」にて、外部機器を必要とせずに単独で動作するVR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「Santa Cruz」を発表した。公式サイトで、プロトタイプのデモ映像や、全発表の概要が公開されている。


SantaCruz HMDだけでVRを体験

 Oculusをはじめ、既存のHMDはPCやゲーム機、スマートフォンを接続し、ソフトの処理などを担わせていた。Santa Cruzの場合はデモ映像を見る限り、後頭部に内蔵したバッテリーやコンピューターにより完全に単独で稼働できる様子。ユーザーの行動を制限するケーブル類も見られない。詳細なスペックや発売時期、価格などは明かされなかった。


体験中 体験中の様子

 Oculus用周辺機器として、待望の専用モーションコントローラー「Touch」も発売。デモ映像で、銃撃戦や釣り、ストリートペイントなど、さまざまな体験ができる対応ソフトが紹介されている。別売センサーを追加すれば室内規模のVRも実現可能だ。10月10日から予約を受け付け、発売は12月6日を予定。価格はTouchが199ドル(約2万600円)、追加センサーが79ドル(約8200円)。パッケージには2本のゲームも同梱される。


Touch 2本1組のコントローラー

 HMDと一体にできるOculus用イヤフォンも登場。外界の音を遮断できる機能を搭載するという。販売スケジュールはTouchと同様で、価格は49ドル(約5000円)。


イヤフォン HMDから伸びるように一体化される

 ほかにも、VR空間でアバターを介した音声通話ができるシステムや、NASAでの訓練にVRを導入する取り組みなどが語られている。


通話 アバターが一堂に会して話せるチャットシステム


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう