ニュース
» 2016年10月07日 14時38分 UPDATE

みずほ銀行渋谷支店で爆弾騒ぎ 周辺の駅前道路が封鎖される事態に

外国人とみられる人物が「爆弾だ」と言ってカバンのようなものを置いていったとのこと。※追記あり

[ねとらぼ]

 10月7日13時ごろ、みずほ銀行渋谷支店で爆弾騒ぎがあり、建物や周辺の道路が警察により封鎖される事態となっています。みずほ銀行によると、外国人と思われる人物が爆弾だと言ってカバンのようなものを置いていったため、安全のため警察に連絡し、行員やお客には外に出てもらったとのこと。白昼の渋谷駅前というシチュエーションもあって、Twitterには多数の写真が投稿されました。


渋谷 7日14時ごろの渋谷駅前の様子(編集部撮影)

渋谷 続々かけつける警察(編集部撮影)

渋谷 様子を見守る通行人(編集部撮影)

渋谷 規制線の中の様子(編集部撮影/※許可を得て撮影しています)






 現在は爆発物かどうか確認中で、安全のため建物の付近一帯が警察により封鎖されている状態。なおカバンを置いていった外国人とみられる人物はその後、警察に拘束されたとのことです。


渋谷 Twitterに投稿された画像の一部(画像はTwitter検索より)

追記

 報道によると、男性は「Bomb、Bomb(爆弾、爆弾)」と言ってキャリーバッグのようなものを置いて立ち去ったとのこと。その後警察が確認したところ、中身は衣類だったそうです。


関連キーワード

渋谷 | 警察 | 銀行 | みずほ銀行 | 撮影 | Twitter | 投稿


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう