ニュース
» 2016年10月07日 18時30分 UPDATE

NHK、テレビとネットでの番組同時配信を実験 あとから見られる見逃し配信も

首都圏の放送内容を、同時にネットでも配信する試み。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 NHKが11月28日から12月18日まで、番組をテレビとネットで同時配信する検証実験「試験的提供B」を実施すると発表した。事前に参加手続きをした1万人以内を対象に、スマートフォンアプリやWebサイトを通して番組を配信する。


アプリ 開発中のアプリのイメージ

 7〜23時の1日16時間以内、総合テレビとEテレの番組を、東京・神奈川・埼玉・千葉で放送している内容でネットへ配信。昨年度に続く2回目の試みだが、今回はテレビ放送の仕様に近づけるため、字幕放送や副音声、マルチ編成にも対応するとのこと。

 調査会社を通じて6500人の参加者を募集し、さらに3000人を11月1日から一般公募する。応募には、NHKネットクラブのプレミアム会員IDが必要となる。


NHKネットクラブ NHKネットクラブ

 同時に見逃し配信実験も実施。同時配信された番組のうち権利がクリアーなものは、配信直後から1週間、あとから視聴できる。

 同時配信のニーズや、配信基盤と関連システムの状況、ネット配信における権利処理の運用状況を確認するのが目的。見逃し配信実験においては、見逃し視聴の動向を検証する。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう