ニュース
» 2016年10月13日 11時00分 UPDATE

キーボードなしでコンパクト スマホでデザインして作成する「ラベルライター」が登場

見た目が小さくてかわいい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 プリンターなどを製造する電機メーカー・ブラザーより、スマホでラベルを編集し作成するラベルライター「P-TOUCH CUBE(PT-P300BT)」が登場しました。


ブラザー ラベルライター P-TOUCH CUBE インテリアにもなる「P-TOUCH CUBE」

 同社のラベルライター「P-touch」シリーズの新製品で、専用のスマホアプリ「P-touch Design&Print」(Android・iOS)を使いラベルのデザインを編集。「整理収納」「書類整理」「名前付け」「ギフト・ラッピング」のジャンルごとにテンプレートや活用術が用意されており、編集したらBluetoothで接続し印刷します。

 フォントはアプリ内のものだけでなくスマホ端末内蔵のものも使用可能で、テープの色も含めた出来上がりのプレビューもアプリで確認できます。


ブラザー ラベルライター P-TOUCH CUBE ブラザー ラベルライター P-TOUCH CUBE スマホがあればいつでも編集できる(左)/本体はかわいいデザイン!(右)

 本体はスマホ接続専用のため、これまでのラベルライターと違いキーボードがないシンプルな真四角のデザインに。高さと横は115ミリ、幅が61ミリとコンパクトで、重さは約380グラム。2016年度の「グッドデザイン賞」も受賞しています。

 電源は単4電池6本または別売りのACアダプターで、対応テープ幅は「TZeテープ(3.5〜12ミリ)」。実売想定価格は6000円前後で、2016年10月下旬発売予定です。



(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう