ニュース
» 2016年10月13日 06時00分 UPDATE

世界初の「自由視点VR」でアイドルを鑑賞 KDDI、シダックスのカラオケルームにVRコンテンツを配信

目の前で鑑賞できる360度ライブや、バーチャル握手会も体験可能。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 KDDIがシダックスおよびポニーキャニオンと連携し、カラオケ店でのVR事業の展開を目指した実証事業を開始すると発表しました。10月19日から11月18日まで、シダックス新宿歌舞伎町クラブにて実施。VR空間でアイドルと一緒にいるかのような体験ができます。


イメージ VRシステムが設置された専用ルームで体験

 店舗内の1室を利用した専用ルームで、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「HTC Vive」を装着して体験。室内を歩き回ってVR空間を体験できる製品です。これにKDDIが開発した「自由視点VR」技術を組み合わせ、ユーザーが自由に移動してライブ映像を「見たい位置」で見られる環境を実現しています。同技術の実用化は世界初とのこと。


システム 一般的なVRの場合、ユーザーが移動してもコンテンツに変化はないが、自由視点VRならば、ユーザーの位置に合わせて映像の見え方が変わってくる

 コンテンツには、ポニーキャニオン所属のアイドルグループ「マジカル・パンチライン(マジパン)」が出演。撮り下ろしの360度ライブや、自由視点で見られるライブおよび自己紹介を体験できます。マジパンとのカラオケ体験や、バーチャル握手会も用意。料金は1時間600円で、別途カラオケ室料(600円から)がかかります。


マジパン マジカル・パンチライン。元「アイドリング!!!」34号の佐藤麗奈さんを中心とした5人組

コンテンツ マジパンの面々を間近で感じられるコンテンツが多数

 KDDIは、独自の「高画質VRリアルタイム映像配信」技術を利用した、VR映像のリアルタイム配信も予定。事業が本格化すれば、ライブビューイングのコンサートを、よりリアルに体験できるようになるかもしれません。

(C)PONY CANYON (C)KDDI

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう