ニュース
» 2016年10月13日 13時48分 UPDATE

幸楽苑が“爪混入”事案について謝罪文発表 「チャーシューを切る際に欠損した」

チャーシューをスライスする際に爪が欠損

[ねとらぼ]

 幸楽苑ホールディングスは運営するラーメンチェーン店で、提供したラーメンに爪が混入していた事案について謝罪文を発表した



 幸楽苑は、9月8日に機械でチャーシューをスライスしていた際、従業員が不注意で爪を欠損したと説明。その日の内に欠損した爪をさがしたものの見つからず、9月10日に客からの指摘で食材に混入していたことが判明。この事案は「まるでホラーだ」としてTwitterトレンドに入るなど話題となりました。

 発表によると幸楽苑ホールディングスは、管轄する保健所へ報告と届け出を行い、再発防止のため店舗作業マニュアルの再確認を全店で行わせたとのこと。また、今後は安全確保に向けた体制の再構築を図るとしています。



関連キーワード

謝罪 | ラーメン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう