ニュース
» 2016年10月13日 15時48分 UPDATE

数十年後にはSFの世界がやってくる? BMWが考える"自由を体感できる未来のバイク"がむっちゃかっこいい

安全性が高く、ヘルメットもレザーの防護服も不要。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 BMW Motorradが、数十年後のバイクをイメージしたコンセプトモデル「VISION NEXT 100」を発表しました。SF作品に登場するアイテムにしか見えませんが、未来では当たり前になってるのかなあ。

 デジタル化が進み、ほとんどの乗り物が自動走行するようになった世界を想定。未来のテクノロジーを取り入れた「VISION NEXT 100」は自分で運転できるようになっており、自由を体感できるバイクという位置付けです。ジョイント部分が見当たらない変わったデザインですが、カーブするときはハンドルバーの動きに合わせてフレーム全体が変形するようになっています。

 安全性を高める「Self-balancing」機能を搭載し、走行時以外も車体が自立。初心者でも運転しやすく、よりダイナミックな操作が可能になっています。また、風よけのために着用しているバイザーはデータ表示機能を備えており、運転関連情報を表示。軽い素材を使用した衣類には雨風からの防護、温度を調節するはたらきがあり、現代以上に快適なドライビングが楽しめるそうです。


画像 車体も服装もむちゃくちゃ未来っぽい


画像 ヘルメットではなく、バイザーを装着します


画像 乗車しているシーン。走行中は車体中央のエンジンが外部に突き出る仕組みなっています


画像 ドライバー視点。バイザーには運転関連情報の表示が


画像 車体が自立するため、こんなポーズを取ることも可能

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう