ニュース
» 2016年10月14日 08時00分 UPDATE

どこを切ってもパンダの顔! かわいすぎる「どこでもぱんだパン」が上野のパン屋さんに登場

黒柳さんに教えてあげなきゃ。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 どこを切ってもパンダの顔になっている「どこでもぱんだパン」が、10月11日より上野公園「ルエノ(L’UENO)」内のベーカリー「うえのの森のパンやさん」に登場しています。

どこでもぱんだパン 「うえのの森のパンやさん」どこでもぱんだパン

 10月28日は1972年に上野動物園に初めてパンダが来園した「パンダの日」。これを記念して作られた「どこでもぱんだパン」は、食パン生地・チョコレート生地・ブリオッシュ風生地を使った甘みのある食パンで、どこを切ってもかわいいパンダちゃんが現れます。

 価格は1本880円(ハーフサイズ450円)で、1本購入するとオリジナルのパンダBOXに入れてもらえます(ハーフサイズは対象外)。

どこでもぱんだパン パンダ好きにはたまらない!
どこでもぱんだパン パンダBOXもかわいいです

 「ルエノ」はロッテリアの経営するフードコート。動物園をイメージしたキッズスペースなども用意されており、家族で行っても楽しめそうです。

どこでもぱんだパン 動物園をイメージしたキッズスペース

※価格は全て税込

関連キーワード

パンダ | 動物 | 動物園 | ロッテリア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう