ニュース
» 2016年10月16日 11時00分 UPDATE

元IT記者が描く近未来SF:マンガ「AIの遺電子」出張掲載 第42話「ボタン」 (1/2)

週刊少年チャンピオン×ねとらぼ

[ねとらぼ]

 AI(人工知能)を搭載したヒューマノイドがいる近未来を舞台にした医療マンガ「AIの遺電子」。2015年11月から週刊少年チャンピオンで連載中の同作がねとらぼに期間限定で登場します!

画像 AIの遺電子

 作者の山田胡瓜先生は元IT記者。仕事で培った知見が反映されていることもあり、現実の未来を見据える上で参考になる作品に仕上がっています。今回の企画では、より抜きエピソードを全4回にわたって掲載。各話に関連した「Q&A」にもご注目ください。

※本日最終回!!


第42話「ボタン」

 「もう絶対浮気しない」そんな宣言もむなしくまたやらかしてしまった青年。「ああ 科学よ!! 文明よ!! なぜヒューマノイドをこんな風に作ったんだ!」と悩んだ末、ある決断をくだします。それは「賢者ボタン」を体に埋め込むこと――。


Q&A

――欲望をコントロールする技術やばくないですか

胡瓜先生:やばいです。私はイライラが消えるボタンとか、集中できるボタンとか欲しいです。でも、そういう装置でせっせと自分の感情をコントロールしてたら、自分の気持ちってものがどこにあるのか、わけ分からなくなりそうですね。

――例えば、多幸感に満ちた状態が常時続いたら人間はどうなるんでしょう? 

胡瓜先生:腑抜けになると思います。でも本人は誰よりも幸せです。

――賢者タイムについて一言

胡瓜先生:……ふぅ。


漫画


AIの遺電子

AIの遺電子

AIの遺電子

AIの遺電子

AIの遺電子

AIの遺電子

AIの遺電子

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー