ニュース
» 2016年10月20日 17時57分 UPDATE

バーチャル海外旅行サービスをKDDIが実施 VRで買ったものがその手に 現地人と会話もできる

体験後は現地の飲み物も楽しめます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 KDDIとナビゲーションサービスのナビタイムジャパンが、VRを活用した遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を期間限定で実施する。特設会場のVRシステムと、現地ガイドの持つ360度カメラをリアルタイムで接続することにより、リアルな旅行体験を実現する試みだ。


特設会場 会場のイメージ

 選べる旅行先はロンドン、バンコク、シドニー。風景を撮影したり、みやげ物を選んで日本で受け取ったりと、旅行気分を存分に味わえる。ガイドの端末を介した、現地人とのコミュニケーションも可能だ。


ロンドン ロンドンでは映画「ノッティングヒルの恋人」の舞台、ポートペローマーケットでロケ地観光

バンコク バンコクではタイ最大の寺院「ワットポー」をお参り

シドニー シドニーではオペラハウスを海上から見物

会話 ガイドの端末を介して現地人とコミュニケーション

 体験時間は1回約15分で、終了後は体験した国の飲み物を楽しめる。さらに、体験した映像の録画データと、スマートフォン用VRビューワー「ハコスコ」を後日にプレゼント。遠隔海外旅行の思い出を振り返ることができる。

 11月3・4日の12〜21時に、東京は表参道の特設会場にて実施される。料金は1組(最大2人)1980円(税込)で、1日に14組限定参加の抽選制。ナビタイムジャパンの旅行計画サービス「NAVITIMEトラベル」で応募を受け付けている。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう