ニュース
» 2016年10月20日 18時00分 UPDATE

TDL開園以来のアトラクション「グランドサーキット・レースウェイ」、約34年の歴史に幕

11月21日から最終日の2017年1月11日まで、メモリアルキャンペーンを開催。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 東京ディズニーランド(TDL)で、開園当初から親しまれてきた「グランドサーキット・レースウェイ」が、2017年1月11日をもってクローズ。約34年の歴史に幕を下ろします。


サーキット グランドサーキット・レースウェイ

 2人乗りのレーシングカーを運転し、レールに沿って走るアトラクション。開園からののべ乗車人数は約1億4000万人にも及び、大勢に長く愛されてきた歴史を物語っています。


運転 本物のガソリン自動車を、ペダル操作だけで簡単に運転できる

 TDLはこれまでの利用者への感謝として、11月21日から2017年1月11日まで「グランドサーキット・レースウェイ ファイナルラップ・キャンペーン」を開催。期間中に同アトラクションを体験した人に、スペシャルデザインの乗車証明書を配布します。


第一弾 11月21日〜12月16日に配布される第1弾デザイン

第二弾 12月17日〜2017年1月11日に配布される第2弾デザイン

 オープン当初のポスターをかたどったポストカードなど、5種類のスペシャルグッズも販売。デジタル・フォトエキスプレスやディズニースナップフォトで利用できる、スペシャルフォトフレームも提供されます。


ポストカードワッペンバッジ ポストカード(200円)と、ワッペンバッジ(700円)。開園当初の「東京ディズニーランド」のロゴがあしらわれている

スペシャルフォトフレーム イベント期間中に利用できるスペシャルフォトフレーム(1540円)

(C)Disney (C)&TM Lucasfilm Ltd.

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう