ニュース
» 2016年10月21日 12時40分 UPDATE

高校購買部で「パン・パイナッポー・アッポーパン」なるパン販売中 製造者「高校で流行っていると聞いて」

ちゃんと材料にはパイナップルとリンゴを使用。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 ある高校の購買部で、「パン・パイナッポー・アッポーパン」という名前の菓子パンが売られている写真がTwitterで注目を集めています。これは間違いなく、世界を席巻しているピコ太郎さんの楽曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」に便乗している……!

パン・パイナッポー・アッポーパン こちらがその菓子パンですが……(写真提供:長後製パン)

パン・パイナッポー・アッポーパン 「パン・パイナッポー・アッポーパン」……!

パン・パイナッポー・アッポーパン ペンパイナッポーアッポーペン意識したやつだこれ!(YouTube公式動画より)

 ただ名前がPPAPらしいだけじゃなく、パイナップルとリンゴをカスタードクリームの上に載せているなど、ちゃんと材料にもパイナッポー&アッポーを使用。Twitterでは「商魂逞しい…と言うか…楽しいアイデアですね!」「素晴しい」「さすがに『ペン』は原材料に含まれていませんね」と、パン屋ならではのブームの乗っかり方が評判になっていました。

 「高校でもPPAPが流行っていると聞いたので、買った高校生に笑ってもらえたらと思いまして」と、製造している長後製パン(神奈川県藤沢市)の担当者。いつも湘南・藤沢エリアの高校の購買部向けにパンを作っているのですが、2週間ほど前にネットでPPAPを観たところ「これはパンでもいける」と思いついたそう。10月20日に期間限定商品として購買部をメインに発売してみました。

 「おもしろさを追求して作った商品だったのですが、まさかここまでネットで話題になるとは思っていませんでした。ちゃんと味もおいしく作っているので、引き続き高校生たちに楽しんでほしいですね」。湘南・藤沢エリアの高校の購買部ほか、一部店舗でも取り扱っており、価格は170円(税別)。教室で高校生たちが購入したパンを片手にPPAPのマネをしていると思うと、心が和みます。

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう