ニュース
» 2016年10月21日 19時21分 UPDATE

田舎×ゾンビのゆるゆるサバイバル Twitterに投稿された「ゾンビの夏休み」アイデアメモが超絶面白そう

メモで終わらせるのは惜しい、早く商品化するんだ!

[イッコウ,ねとらぼ]

 イラストレーター・吉田誠治さん(@yoshida_seiji)のツイートしたゲーム「ゾンビの夏休み」のアイデアメモが1万4000いいねを集めるなど大反響となっています。かわいいらしいキャラクターとミスマッチなゾンビ設定……これ絶対面白いやつだ!


ゾンビ 絶対流行る

 帽子をかぶった主人公やゾンビ化した村の住民などのかわいいキャラクターの他、のどかな田舎の風景もしっかりデザイン。夏休みに祖父母の田舎にやってきた男の子、ある朝目覚めると家族の姿はなく、村人たちはゾンビになっていた……というストーリーで、ゲームの目的は「生き延びること」と「家族をさがすこと」。平凡な田舎町を舞台に繰り広げられるゆるめのサバイバルゲームとなっているようです。


ゾンビ ストーリーだけで面白そう

 アイデアメモには「名前がある」「基本は殺せない」などゾンビの特徴も決められており、食料を調達できるスーパーといった街の説明や、アイテムを売ってくれる「タバコ屋のお兄さん」など他の生存者の情報も。


ゾンビ キャラクター設定や……

ゾンビ 街の情報、他の生存者もいるみたい

 吉田さんは、20年ほど前から「敵と戦わず、アイテムを収集するだけでストーリーが進む2D箱庭ゲーム」を作りたいと考えていたとのこと。それとは別にホラーゲーム「SIREN」の続編を妄想しているうちに「箱庭にしたら面白い」と考え1年ほど構想を練って形になったのが「ゾンビの夏休み」のようです。

 普段はそれほどゲームをやらないそうですが、好きなゲームは「SIREN」シリーズや「GRAVITY DAZE」「ワンダと巨像」など。なお小学生の夏休みを題材にした人気ゲーム「ぼくのなつやすみ」については「発売時から気になっていますが未プレイ」とのことです。

 もともと10年ほど前まで一般向け同人ゲームサークルに所属し、いくつかのゲーム制作にも携わってきたという吉田さん。ゲームアイデア自体は「ゾンビの夏休み」以外にも「具体的な企画にできそうなものだけで10本以上ある」と語っており、現在も妄想を膨らませている企画もあるんだそうです。何個か商品化してくれないかな……。

画像提供:吉田誠治さん(@yoshida_seiji

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう