ニュース
» 2016年10月22日 23時00分 UPDATE

1976年から現在まで 東京のカルチャーの軌跡を追ったミュージックビデオが公開 戸川純に初音ミク、小松菜奈らが出演

40年間のファッションと音楽の移り変わりを5分で。

[宮原れい,ねとらぼ]

 1976年から2016年までの東京のファッションと音楽の軌跡を追ったミュージックビデオ「TOKYO CULTURE STORY」がYouTubeに公開されています。



 小沢健二さんとスチャダラパーによる1994年の曲「今夜はブギー・バック」を、合計27人のミュージシャンがノンストップでカバー。南佳孝さんから始まり、戸川純さん、SEIJIさん(Guitar Wolf)、森高千里さん、EYEさん(BOREDOMS)、野宮真貴さん、クラムボン、初音ミクらが出演し、それぞれの時代を象徴するジャンルのサウンドで歌われています。なんという豪華な面々……!


TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック BEAMS カルチャー 音楽 ファッション 戸川純さん

TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック BEAMS カルチャー 音楽 ファッション SEIJIさん(Guitar Wolf)

TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック BEAMS カルチャー 音楽 ファッション 森高千里さん

TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック BEAMS カルチャー 音楽 ファッション 野宮真貴さん

TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック BEAMS カルチャー 音楽 ファッション 初音ミクの姿も

 同時にファッションでは、1976年の「UCLAスタイル」から始まり、78年「マニッシュスタイル」や80年「竹の子族」に、続く「ロカビリー」「カラス族」、83年には「DCブランドブーム」。その後は「パンクス」「ヒップホップ」に89年には「渋カジ」、91年には「グランジ」に「ボディコン」、96年の「シノラー」に翌年の「アムラー」なんかも。2007年には「森ガール」、2010年に「山ガール」。そして2014年の「ノームコア」から2015年「ミクスチャースタイル」「90sスポーツスタイル」となり、最後の2016年では池松壮亮さんと小松菜奈さんが登場する「アンバランススタイル」となっています。

 動画はビームス(BEAMS)の40周年を記念して制作されたもので、同様に40年にわたるカルチャーの変遷をまとめた本も10月31日に発売予定です。


TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック BEAMS カルチャー 音楽 ファッション 池松壮亮さん

TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック BEAMS カルチャー 音楽 ファッション 小松菜奈さん

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー