ニュース
» 2016年10月23日 21時00分 UPDATE

あくまで実験だから私の尿を飲んで! 恋愛ベタな中学生が明るいエロスを発揮するラブコメ「上野さんは不器用」

「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第77回。恋愛表現が不器用過ぎる女子中学生が、科学部の実験と称してスカートをのぞかせたりふとももをさすらせたり。

[虚構新聞・社主UK,ねとらぼ]

 ねとらぼ読者のみなさん、こんにちは。虚構新聞の社主UKです。

 ウケる下ネタとウケない下ネタの違いって何でしょう?

 社主は「明るくて乾いているかどうか」が大きいのではないかと思っています。あっけらかんとした雰囲気での下ネタは笑いやすいけれど、あまりに性的で生々しいネタだと一同ドン引き。この前見ていたプライムタイムの漫才特番でも、きわどい下ネタを披露したコンビはTwitterで「家族が凍った」と概ね不評でした。やっぱりなあ、と。

 これはテレビの話ですが、マンガでも下ネタは使いどころが難しい。特に男性中心的な下品なネタは、昔ならウケたかもですが今はもう無理でしょう。

 そう言う意味で今回紹介するマンガは、下ネタ・エロの使い方がすばらしく上手い作品。「ヤングアニマル」にて連載中、tugeneko先生のちょいエロラブコメ「上野さんは不器用」(1巻、以下続刊/白泉社)です。

上野さんは不器用 「上野さんは不器用」第1巻(「ヤングアニマルDensi」で試し読み3話公開中)(C)tugeneko/ヤングアニマル

あくまで実験の一環だから私のろ過した尿を飲め

 科学部部長の女子中学生・上野さんと彼女が片想いしている後輩部員・田中くん。想いを伝えたいけれど、そのプライドの高さからか素直になれない不器用な彼女は、自作の発明品を通して、ものすごく遠まわしに告白しようと試みます

 しかし、相手の田中くんも田中くん。「お前男として、いや人としてどうなってんだ」とツッコまずにはいられないほどの超鈍感。彼は上野さんが次々と繰り出すアプローチに全く気づきません。本作はそんな先輩VS後輩をニヨニヨと眺めるちょいエロなラブコメなのですが……

 まさか第1話から飲尿を持ってくるとは思わなんだ。

 いつものように部室の理科室にやって来た田中くん。待ち受けていた上野さんが意気揚々と取り出したのは、どんなドブ水でも完全に浄化できるという究極の携帯型ろ過装置「ロッカくん」。効果を確かめるため、彼女は浄化した自分のおしっこを田中くんに飲めと迫ります。当たり前と言うか何と言うか、「汚いから」と拒み続ける田中くん

 「田中が飲まないと意味ないんだよぉ!」「おまえに飲んでもらいたいからに決まってんだろ!!」

上野さんは不器用 そろそろ察してやれよ、田中ぁ!

 実験のためという名目で、好きな男の子に自分の尿を飲んでもらおうと迫り続ける上野さん。不器用過ぎる、というか間違っている。まぁここまで言われればさすがに田中くんも真意を察するというもの。しかし「単に嫌がらせしたいってことですか?」と首を傾げるなど、その比類なき鈍感は変わることなく、結局彼女の想いは届きません。

上野さんは不器用 こういうところだけは普通の女子中学生なんですよね

 「でもあーいうとこが好き!!

 田中くんが去った後、真っ赤にした顔を隠しながら叫ぶ上野さん、超かわいい。

 なお、作者のtugeneko先生は以前「週刊アスキー」で4コママンガ「彼とカレット。」(全4巻/KADOKAWA)を連載していました。セクハラ大学生イケダくんと、彼のもとにやって来た一切家事をしない家政婦ロボット・カレットさんを中心にした、さわやかエロとその報復バイオレンスの応酬が光る良作。連載が終わってさみしく思っていましたが、1話完結式の「上野さん〜」でもその手腕は存分に発揮されています。

気づけば上野さんの歪んだ愛情表現を応援しちゃう

 その後も空間を部分的に真っ暗にする発明品を使って、田中くんに真っ暗になった自分のスカートの中をのぞかせようとしたり、発電スパッツを履いた太ももをさすらせようとしたり。あの手この手で田中くんをドキドキさせようとアピールするものの、全くと言っていいほどなしのつぶて。

 それにしても、上野さんの歪んだ愛情アピールも大概ですが、普通の男子なら大喜びで乱舞するシチュエーションでも表情ひとつ変えず、時には迷惑そうな顔で、立ちかけた恋愛フラグをバキバキにへし折っていく田中くんの鈍感っぷりもすさまじい。脱臭装置の実験で上野さんの脱ぎたてタイツの匂いを嗅いだ田中くん、いや田中の第一声「くっさ」は、さすがに上野さんがかわいそう過ぎて涙が出そうになりました。これがさとり世代というやつか……(多分違う)。

上野さんは不器用 「くっさ」はないだろ、田中ぁ!

 第1話から「おしっこ飲め田中」が出てきたときは「どんだけハードル高いんだこのマンガ」と顔面ストレートを浴びせられましたが、下手するとドン引きになりかねない題材でも全く不快感なく、気付けば「ろ過してあるんだから、おしっこくらい飲んでやれよ田中ぁ!」と言いたくなってしまうほど明るい展開に仕上げられるのは、tugeneko先生のかわいらしいポップな画風、そしてコントを見ているようなテンポとノリの良さがあるからこそでしょう。

 方向性こそ残念ながら想いは純粋な上野さんと、思春期男子とは思えぬ性欲ナッシングな田中くんの「変態先輩VSさとり後輩」みたいな構図は、「偶然スカートの中が見えちゃった」的なラブコメのお約束を片っ端からぶち壊していて爽快。後味の悪さゼロの楽しい作品なので、ぜひ読んでみてください。

 ちなみに、男として割とどうかしている田中くん、本刊収録第10話のとあるシーンで、初めて上野さんの姿にほんの少しだけ照れます。ここまで見事なまでに上野さんが空回っていましたが、ノーデリカシーな田中くんの心境に変化が芽生えるかどうか、次巻に注目したいと思います。上野さんがんばって!

 今回も最後までお読みくださりありがとうございました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう