ニュース
» 2016年10月23日 22時37分 UPDATE

ディープラーニングで画像を恐怖写真に変換する「Nightmare Machine」 MITが公開

風景も顔も怖くするAI。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 MIT(マサチューセッツ工科大学)が、AIを使ってどんな画像も恐怖の画像にする「Nightmare Machine」を公開しました。ハロウィンにピッタリ……?


Nightmare Machine 公開されたNightmare Machine

 「Nightmare Machine」のWebサイト上では、風景や人物など至って普通の画像が加工されていますが、どれも不気味で恐怖を感じる画像になっています。東京タワーやオペラハウスもこの世の終わりのような雰囲気に仕上がっています。


東京タワー 東京タワーもこんなに怖くなる

 加工の仕組みは、ディープラーニングを使ってお化け屋敷などのいわゆる怖い画像とはどのようなものなのかをAIに学ばせる方法です。それによって普通の画像も恐怖の1枚に加工することができているんだとか。


オペラハウス あのオペラハウスもこんなに怖くなる

 ディープラーニングで恐ろしい画像を生成するといえばGoogleの「Deep Dream」を思い浮かべますが、恐ろしい画像を作る専用のAIについては「Nightmare Machine」が初めてとされています。



 Googleの「Deep Dream」ではオンラインジェネレーターが用意されていますが、「Nightmare Machine」は現在、自分で画像をアップロードすることはできないようです。



 人の顔を加工した画像では、怖いか怖くないかの投票もおこなわれています。ほぼ全部怖いのですが、この投票でアルゴリズムに「恐怖」を学ばせるとのことで興味があったらやってみては?


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう